このページでは、接続方法ごとに画質はどのくらい変わるのか?を
テーマに、実際に写真を撮って検証しています。


なお、写真はデジタルカメラでブラウン管を直接撮影したものです。
ブラウン管の映像は写真撮影には向いていませんし、デジタルカメラ及び筆者の力不足もあって
実際に目で見える映像とは異なる場合が多いので、「相対的な画質差」の参考にしてください。


このページの撮影環境:
テレビ:SONY WEGA KV-25DA65(スタンダードモード、VM回路オフ)
PS2本体:SCPH-50000
デジタルカメラ:DiMAGE X20(200万画素)


検証1 ゲームでの色と2D画像の見え方について
使用ゲーム:ウイニングイレブン7インターナショナル 国選択画面

画像
(クリックで拡大)

コンポジット
S端子
D端子
AVマルチ
ケーブル 純正コンポジット 純正S端子 純正D端子 純正AVマルチ
感想 縮小写真でもわかるほどひどい映像。まるで虫に食われたかのよう。ムラ、クロスカラーがはげしく見るに耐えない。写真だから大げさに見えるわけではない。とにかくひどい。 コンポジットとは天と地の差。かなりきれいだが、D端子やAVマルチと比べるとやはり細部に滲みなどが見られる。 素晴らしく綺麗。発色も非常によく、輪郭などもほとんどにじみがなく綺麗に表示されている。このクラスのテレビならこれだけの画質が出れば十分だろう、と納得のいくレベルだと思う。 全体的に綺麗なのだが、D端子に比べて画質がマッタリとしている。D端子よりも画面全体を見たときのムラやちらつきは少ないように思える。


検証2 小さめのポリゴンと文字
使用ゲーム:ウイニングイレブン7インターナショナル 試合画面(選手名入り)

画像
(クリックで拡大)

コンポジット
S端子
d2_s.jpg
AVマルチ
ケーブル 純正コンポジット 純正S端子 純正D端子 純正AVマルチ
感想 クロスカラーやボケが発生。画面全体を見てもムラが大きい。他の接続方法と比べるのもいやになるレベル。 国旗のときと同様。コンポジットより格段にきれいだが、D端子やAVマルチと比べると細部にアラが見られる。 S端子よりさらに1ランク上の画質といった感じ。にじみも減り、発色も更に良くなっている。 やはりD端子を全体的にマッタリさせたような画質。色もDに比べて薄い感じ。


検証3
ブラウザ画面

画像
(クリックで拡大)

コンポジット
S端子
D端子
AVマルチ
ケーブル 純正コンポジット 純正S端子 純正D端子 純正AVマルチ
感想 バックの黒にムラが、というか一部が白くなってしまっているのが目立つ。発色も悪く、文字のにじみも激しい。 コンポジットより飛躍的に画質が向上。文字の滲みはほとんどないし、D端子やAVマルチには及ばないが、バックの黒も綺麗。 にじみもなくとにかく綺麗。バックの黒も綺麗です。 やはりD端子を全体的にマッタリさせたような画質。バックの黒は綺麗に真っ黒。




個人的総評

コンポジットで接続している人は、即刻他の接続方法に変えましょう。
安いテレビでなければ、たいていS端子は付いていますのですぐ買ってしまいましょう。
当サイトの検証の結果に限ると、純正でも安い輸入物でも画質には差がないようです。

S端子接続は、コンポジット接続よりも数段上の画質が楽しめます
映像の質の特徴としては、確かに「クッキリ」なのですが、どこか「荒さ」があります。
「S端子にしたらクッキリしすぎて逆に粗が目立つ」という書き込みを、
いくつかの掲示板やアマゾンのレビューで見かけましたが、
これは「クッキリしすぎて」というよりはS映像の限界によるもののような気がします。
現にD端子接続なら綺麗に表示される部分が、S端子では荒くなってしまうというケースが結構あります。
というわけで、「クッキリ」というよりは「殺伐」という感じです。
テレビ側の画質調整によって殺伐感をある程度解消することも可能だとは思いますが、
D端子もついているならば、やはりS端子よりD端子接続のほうが良いでしょう。

D端子は、全体的にマッタリしがちな
AVマルチの画質よりもくっきり感があるのはかなり好印象です。
私も一度は「AVマルチよりD端子のほうがいいのでは」と思い、D端子に乗り換えたくらいです。
しかし、実際D端子で長時間プレイしてみると、やはりどこか"ムラ"というか、
AVマルチ接続時よりも若干の劣化が目に付くようになりました。
クッキリ感はD端子のほうが上なのは確かだと思いますが、やはりRGB接続の強みである
「ムラがなく美しい映像」の魅力に負け、結局AVマルチ接続に戻してしまいました。

全体的にマッタリとしているのが残念ではありますが
やはり、この中ではAVマルチが一番良いのかなぁ、という感じです。
ムラのなさよりもクッキリ感を求める方にはD端子接続をおすすめします。


接続方法をひとことで表現するとしたら

コンポジット:粗雑
S端子:殺伐
D端子:くっきり
AVマルチ:マッタリ


って感じです。